株式に投資する投資信託を選ぶのは難しい

投資信託には様々な運用方法が存在します。例えば、人が銘柄を選んで投資するアクティブ運用と呼ばれる投資信託があるかと思えば、機械的に銘柄選択がされるパッシブ運用と呼ばれる投資信託もあります。この他にも、運用方法を挙げだしたらキリが無いほどです。そんな中で、私たちはどんな投資信託を選んで運用したら良いのでしょうか。

投資信託には様々な種類がある

株式に投資する投資信託には非常に多くの種類が存在します。この中から投資する投資信託を選ぶのは、なかなか難しい事のように感じます。

どんな種類があるかというと、まず、運用方法でアクティブ運用とパッシブ運用に分類されます。アクティブ運用というのは、ファンドマネージャーよ呼ばれる人が、投資する株式を選ぶ運用方法ですね。パッシブ運用というのは、何かの方針に従って機械的に運用するという方法です。TOPIX などの株式指数に連動するインデックスファンドが代表的ですね。

アクティブ運用の投資信託は、さらにバリュー株投資やグロース株投資という分類も出来ます。バリュー株投資というのは、簡単に言うと割安な株の事ですね。割安に放置されている株を買って儲けようという手法です。一方のグロース株投資というのは、成長企業に投資しようという運用方法です。

この他に、地域による分類の仕方もあります。日本株に投資する投資信託やら、中国株に投資する投資信託やら、先進国全体に投資する投資信託やらと、様々なタイプが存在します。東海地方の企業に投資する投資信託なんてもあったはずですね。

さらには、テーマファンドというのも存在しますね。医療分野とかIT分野とか、テーマを絞った株式投資信託もあるわけです。1

この他にも、小型株とか大型株などの企業規模を絞った投資信託もありましたっけ。

ベストのファンドを選ぶのは難しい

はっきり言って、この中から投資すべき投資信託を選ぶのは素人には難しいです。

もちろん、一番儲かる投資信託を買えるのに越したことはありません。しかし、それができるんだったら、みんなそうしているはずですよね。

どの種類のファンドが一番儲かるかは事前にはわからないものです。例えば、バリュー株に投資するファンドのパフォーマンスが良い時期もあれば、グロース株に投資するファンドのパフォーマンスが良い時期もあるのです。

1年前によかった選択が、今は良い選択でない可能性も大きいわけです。

失敗を減らすための方法

今のタイミングで何がベストかを選ぶのははっきり言って難しいです。大体エコノミストを名乗って偉そうにしている人たちですら、予想は外しまくっていますからね。

となると、ベストのファンドを選ぶのではなく、失敗しない投資信託を選ぶべきだという話になります。株式というのは平均を取れば長期的に上昇していくものですから、失敗しないものを選べば成功する可能性が高いのです。

そこで選択肢として挙がってくるのが、手数料の安いインデックスファンドです。これが無難な選択でしょう。インデックスファンドが買える限りは、インデックスファンドを買うと言う方針をお勧めします。

インデックスファンドが良い理由は、手数料が安いからだけではありません。インデックスファンドの運用実績の平均とアクティブ運用の投資信託の平均を比べると、インデックスファンドの方がパフォーマンスが良いのです。

平均してパフォーマンスが良い事が分かっているのですから、それを選ばない手は無いでしょう。

インデックスファンドで対処できない場合は

もっとも、インデックスファンドが利用できないケースも存在しまけどね。例えば、ある一ヶ国の株式に投資する投資信託を買いたいような場合です。

仮に、ロシア株に投資したいと突然思ったとします。しかし、ロシアの株式市場のインデックスファンドは日本では販売していないはずです。

こういうケースはインデックスファンドを利用すると言う手法が使えません。まあ、安定した結果を目指すなら、無理してロシア株なんて買う必要もないのですけどね。

この他にも、インデックスファンドでは投資できないタイプの投資信託も存在します。そういったものをどうしても買いたいのなら、失敗する確率がインデックスファンドより高めであることを承知の上で、アクティブ運用の投資信託を買うしかありません。

  1. インデックスファンドとは│ ETFはインデックスファンドに含まれるのかも気になるところ []

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。