債券に投資するなら、SBI証券とマネックス証券など

ネット証券各社は、債券の取扱に関してはそれ程一生懸命ではないという印象です。
個人向け国債は取り扱うけれど、他の債券は取り扱わないというところも多そうです。

特に、社債の取扱は、ほとんどありません。
本格的に債権投資をしたいという人は、野村證券とか大和証券などの店舗型の証券会社を選んだ方が良いでしょう。

ただ、個人向け国債や、外国債券に投資する事を考えているのなら、ネット証券でも十分に利用価値はあると思います。

個人向け国債以外の日本国債に投資するならSBI証券

個人向け国債以外の日本国債を買うのなら、SBI証券しかなさそうです。
他のネット証券では、個人向け国債以外の日本国債を扱っているところは無さそうでした。

特に驚いたのが、SBI証券では新発国債だけでなく、既発国債も扱っています。
既発国債というのは、既に発行されて市場で取引されている国債のことです。

正直に言って、ネット証券で既発国債なんて取り扱って採算が取れるのかどうか疑問に思います。
そんな商品を敢えて取り扱うというのは、かなり力を入れているのだろうという気はします。

SBI証券

外国の国債は幾つかの証券会社で扱っている

一方、外国の国債に関しては、いくつかの証券会社で扱っています。
特に取扱が多かったのは、マネックス証券、楽天証券、SBI証券などです。

各社取り扱っている債券が違うので、色々比較して見ると良いでしょう。
あるいは、最初に口座を作ってしまうのも手だと思います。

口座開設だけなら、手数料はかかりませんから。

楽天証券

マネックス証券

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。