投資信託を積立てるなら、楽天証券かカブドットコム証券

ここに書いた内容は、ちょっと古くなってしまいました。
ネット証券各社のサービス競争の結果、状況が変わっています。

最新の状況を知りたい方は、投資信託の積立をご覧ください。

本来はページの削除をすべきですが、参考になる点もあると思い残す事にしました。
投資信託の積立にふさわしい証券会社の考え方自体は、大きく変わっていません。

最近では、投資信託の積立が可能な証券会社も増えてきました。

投資信託の積立というのは、馴染みが無い人もいらっしゃると思います。
基本的には、定期預金の積立と大体同じイメージでとらえていただけば良いでしょう

定期預金の積立は、毎月一定額定期預金として積立てて生きます。
それと同じように、投資信託の積立では、毎月一定額同じ投資信託を自動的に買っていくのです。

長期の資産形成を考えている人は、積立という方法が便利です。
ぜひ利用していただきたいと思います。

証券会社を選ぶ基準

投資信託の積立に使う証券会社は、2つの基準で選ぶ必要があるでしょう。

一つ目は、積立て可能な投資信託の本数が多いことです。
そして、二つ目は、毎月千円から積立てられるかという点です。

積立て可能な投資信託の数は証券会社で全然違う

極端な例だと、投資信託の積立ができない証券会社もあります。
ですから、証券会社選びを間違ってしまうと、投資信託の積立という選択肢がなくなってしまいます。

例えば、大手の大和証券では投資信託の積立が出来ないようです。
少なくとも、今調べた感じでは、ウェブサイトに該当する説明がありませんでした。

あるいは、国内最王手の野村證券でも、今数えたところ60本ほどしか取扱がありません(数え方によって、もうちょっと増えるかもしれません)。
これは野村證券が取り扱っている投資信託のほんの一部です。

おそらく野村證券は店舗型の証券会社では、積立可能な投資信託がかなり多いほうだと思います。
それでも、60本程度なのです。

一方で、ネット証券の楽天証券では、980本以上が積立て可能なようです。
野村證券の十倍以上の品揃えを誇っているわけです。

また、カブドットコム証券も206本の積立が可能です。
これも野村の3倍ですから、かなり多い数でしょう。

積立の最低価格も大事

投資信託を積立てるときに、積立の最低価格も大事な要素です。

多くの証券会社では、投資信託の積立をするには、一つの投資信託につき1万円以上で無いといけません。
例えば、A投信、B投信、C投信の3つを積立てたければ、最低でも毎月3万円用意しないといけないのです。

さらに、A投信を25%、B投信を25%、C投信を50%というふうに、ウェイトを変えて投資したければ、4万円が必要です。
もっと細かくウェイトを変え、投信の組み合わせ増やしたければ、さらに資金が必要になります。

ですから、かなり資金力に余裕がある人意外は、ちょっと使いにくいというのが現実です。
最低でも一つの投信につき、毎月1万円というのは、かなり高いハードルなのです。

しかし、安心してください。
いくつかの証券会社では、1つの投資信託について、千円から積立が可能です。

つまり、A投信を25%、B投信を25%、C投信を50%という形で積立てたいと思えば、毎月4千円から投資できるのです。
はっきり言って、私達のような個人投資家には、とても助かる仕組みといって良いでしょう。

ちなみに、私の知っている範囲では、千円から積立できるようにしているのは、楽天証券とカブドットコム証券です。
最近は対応しているところも増えてきているのかもしれませんが。

おすすめは楽天証券とカブドットコム証券

さて最後に、投資信託の積立がしやすい証券会社を挙げておきましょう。

まず、楽天証券がイチオシです。

ここは積立可能な投資信託の数は多いですし、千円からの積立も可能です。
既に説明したとおりですね。

楽天証券

特に、こだわりが無い人は、楽天証券を選ぶと良いと思います。

もう一つ挙げるなら、カブドットコム証券も良いと思います。

カブドットコム証券は、楽天証券ほどではありませんが、積立可能な投資信託の本数は多いです。
また、千円積み立ても可能です。

さらに、カブドットコム証券は、株式の積立も可能です。
投資信託だけでなく、株式も積立てたいという人には、カブドットコム証券はおすすめできます。

カブドットコム証券

まあ、この二つのうちのどちらかから選ぶのが、妥当なのではないかと思います。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。