株式るいとう類似のサービスがあるカブドットコム証券【株式の積立】

カブドットコム証券はSBI証券や楽天証券などには無い特徴があります。どんな特徴かというと、株式を積立てる仕組みがあるのです。具体的には、「プレミアム積立(プチ株)」という商品を使って、株式やETF などの金融商品の積立が可能です。

株式を積立てることが出来る「株式るいという」という商品

株式の積立というと、「株式るいとう」という商品があります。どんな商品かと言うと、毎月1万円など一定額を株式に投資していく仕組みです。要するに、簡単に言ってしまうと、株式の積立ですね。銀行の定期積金と同じ要領で、株式を積立てていきます。

資産形成を行ううえでは、有効な方法として、良く知られています。毎月自動的に金融商品を買っていくことになるので、長期的には貯蓄をしたうえで運用ができるというわけです。

ただ、株式を積立てるという方法には、問題点もあります。それは、株式の積立をしようと思っても、株式るいとうを利用できる証券会社は限られているのです。

具体的に言うと、野村證券や大和証券など、比較的大きい証券会社での取扱が中心で、す。

カブドットコム証券がおすすめ

ネット証券のような小さい証券会社で、株式るいとうの取り扱いは多くありません。ネット証券の中で唯一取り扱えるのが、カブドットコム証券です。

正確に言うと、カブドットコム証券が扱っている株式の積立は「株式るいとう」ではありません。かなり似ている仕組みですが、ちょっと違うのです。ちなみに、カブドットコム証券で株式の積立商品は「プレミアム積立(プチ株)」という名称です。

プレミアム積立てでは、月々500円から株式の積立が可能です。大手証券が株式るいとうで設定しているのは、最低でも月々1万円からです。その意味では、カブドットコム証券の方が使いやすい仕組みだと言えるでしょう。

月々1万円が最低単位だと、多くの株式を同時に積立てることは出来ませんよね。普通のサラリーマン家庭だと、資金的にそんな余裕はないはずですから。

例えば、5つの会社の株を分散して積立てようと思うと、毎月5万円必要になります。
これはちょっと現実的ではないという人が多いはずです。もちろん、毎月5万円位なら全く問題無いという人も中に入るでしょうけど。

ところが「プレミアム積立」なら、一つの株式に2,000円ずつ積立てても1ヶ月の投資額は1万円で抑えられます。
5,000円ずつ積立てても、2万5千円です。

これくらいなら、かなり現実的な数字だといえるでしょうか。

野村や大和は手数料が高い

また、大和証券などで株式るいとうを利用すると、手数料が高いと事があるという点も注意が必要です。これらの証券会社では、株式るいとう用の口座を持つだけでも、年間約3,000円の管理手数料がかかることがあります。

率直に言って、富裕層向けのサービスだなあと思わずにはいられません。月々の積立額が大きければ3,000円の管理手数料は気にならないでしょうから。

そして、月々の買い付け手数料も、カブドットコム証券よりもかなり割高です。

ただ、実際は、長期で投資を考える場合、細かい手数料の積み重ねが投資成績に大きく影響します。
特に、投資額が小さい場合は、口座手数料の3,000円はかなり効いてくるはずです。

こういう細かい部分にも気を配るのは、とても大切なことです。

ETF の積立も可能

ちなみに、「プレミアム積立」を使うと、ETF と呼ばれる上場型の投資信託の積立も可能です。

ETF は一般的な投資信託と比べて、手数料が大幅に安いことで知られています。はっきり言って、とても有利な投資信託です。

最近ではETF が有利である事がだいぶ認識され、純資産総額の大きい投資信託はETF が占めるようになっています。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。