投資信託の取り扱い本数の多い大手のネット証券会社を選ぼう

SBI証券楽天証券などのネット証券は、投資信託の取り扱い本数が多いという点でもおすすめできます。
実は、野村證券や大和証券などの店舗型の証券会社よりも、はるかに多いのです。

ちょっと調べてみたところ、これを書いている時点での野村證券の投資信託の取り扱い本数は639本のようです。また、大和証券の場合は、298本でした。

一方SBI証券では、1,200本以上ありました。1

この本数の差は、投資信託を選ぶ際に非常に重要になります。
Aという投資信託を買おうと思ったときに、SBI証券では売っているのに野村證券では買えないというようなケースもあるのです。

取り扱い本数が多ければ、こういう可能性はなくなります。

実際、私がおすすめしているeMAXIS というシリーズは、SBI証券では買えますが大和証券では扱っていません。
大手の店舗型の証券会社ですら、取り扱いが無いのです。

これを書いている時点での情報なので、将来はどうなっているかわかりませんけどね。

何にしても、自分が買いたい投資信託があっても、買えない場合があるという事です。
そんなときは、購入をあきらめるか、別の証券会社に口座を開かないといけません。

投資信託の取扱本数が多いネット証券会社は?

投資信託の取扱の多いネット証券は、SBI証券楽天証券の2社です。
これを書いている時点で、楽天が1,185本、SBIが1,222本を扱っています。1

本数の面では甲乙つけ難い感じですね。

ちなみに、大手金融機関の取り扱いをもうひとつ調べてみました。
上の例では、大手証券しか調べていませんでしたからね。

みずほ銀行の取り扱いを調べたのですが、投資信託は99本しか有りませんでした。
つまり、みずほ銀行と大手ネット証券を比べると、10倍以上の本数の差があるのです。

ここまでくると、影響はかなりあると考えていいでしょう。

本当に顧客本位なのか?

さて、ネット証券以外の金融機関の取り扱い本数が少ない理由は何なのでしょうか。
本題とは話がちょっとそれますが、考えてみましょう。

店舗型の証券会社で、投資信託の取り扱い本数が少ない理由は2つ考えられます。

一つは、品揃えを多くすると、コストが掛かるからです。
みずほ銀行が、取り扱い本数を大きく絞っているのには、これが関係していそうです。

地方銀行だと、取り扱い本数はさらに少ないはずです。

そしてもう一つが、大手の金融機関は、資本関係がある運用会社以外の商品をおきたがらないからです。

投資信託というのは、販売する金融機関と運用会社で手数料を分け合う構造です。
ということは、運用会社と資本関係があれば、グループ企業に全ての手数料が入ってきます。

そうであるのなら、資本関係のある運用会社の商品を使いたいのは当然ですよね。

実際、野村證券の場合、約3分の2にあたる639本中の410本が野村アセットの投信です。
みずほ銀行の場合も、約半分にあたる45本がみずほ投信の投資信託です。

でも、これって、顧客の利益を考えているのでしょうか。
条件の良い他所の投信ではなく、自分達の利益のために投信を売っている感じがしませんか。

個人的には、こういうスタンスはちょっと引っかかります。

2017年1月追記:同じ金融機関でも注文方法によっては投資信託が買えないことも

ちょっと極端な例ですが、一つの金融機関の中でも扱いを変えているというケースもあります。どういうことかと言うと、あるBという投資信託をネット販売はしているのに、窓口販売はしないという事があるのです。

このBという投資信託は、手数料が安いのが魅力の投資信託です。ですから金融機関としては、できる限り売りたくは無いのでしょう。手数料が安い投資信託は、金融機関の儲けになりませんからね。それで、窓口での販売はしないのです。

しかし、ネットで投資信託を買う人は、色々と比較検討した上で投資信託を選んでいる可能性が大きいわけです。そういう人には、手数料が高い、金融機関が有利な投資信託は売れません。それでは困るので、手数料が安い投資信託を販売しているというわけです。

金融機関にとっては、手数料の大きい小さいは売り上げに影響する大問題です。少しでも高い投資信託を売ろうとすること自体は必ずしも否定しません。でも、ネットを使って注文しない人に投資家にとって有利な商品を売らないというスタンスは、いくら何でも酷いのではないかと思います。

我々としては、こういう事態を避けるために、SBI証券などの取扱いが多い会社を選んでおくのが正解ではないかと思うのです。


  1. 2016年11月に確認したところ、2,393本まで増えていました。 []

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。