株式の売買│ 手数料競争は今でも続いているようです

当然ですが、ネット証券では株式の売買が可能です。まあ、これは書くまでも無いでしょう。ネット証券といえば、株式売買というようなイメージはありましたからね。

ただ一部の証券会社では、FXに特化している所もあるようです。「○○証券」という看板を出しているのに、株式の売買に対応していのです。

まあ、主要なところは全て対応しています。

株式の売買手数料競争がネット証券の知名度を上げるきっかけに

そもそも、ネット証券の利用者が増えた最初のきっかけは、株式の手数料競争だったはずです。

それまでの野村證券や大和証券の売買手数料は、今考えるととんでもなく高いものでした。それが、現在では十分の一以下にまで下がっているはずです。

個人がデイトレードをできるようになった要因の一つは、間違いなく手数料が下がったことにあるでしょう。以前の手数料では、デイトレードなんてしたら儲けることはそうとう難しかったでしょうから。そもそもネット証券以前は、注文のシステム上難しいというのもありますが。

手数料競争は今も続いている

ちなみに、株式の売買手数料の競争は、今でも続いています。2012年の末に、楽天証券が一定条件を満たす人の株式売買手数料を引き下げました。

そしてそれに対抗する形で、SBI証券が全顧客を対象にした株式売買手数料の値下げを行っています。楽天証券に逆転されたカテゴリーの手数料を、更に引き下げたのです。全顧客が対象ということで、楽天証券を上回る値引きを行ったと言えるでしょう。

正直に言うと、ここまで手数料が下がると、多少安くなってもそれほどありがたみはありません。私個人としては、売買を行うとしても多くても年数回程度ですから。

ただ、売買頻度が高い人には、未だにそれなりに魅力的なことなのかもしれませんけど。

大手だったらSBI証券でしょう

ちなみに株式売買手数料は、大手ではSBI証券が一番安いように感じます。価格帯によっては他社が優れているケースもあるのですが、多くの価格帯で大手では一番安いはずです。

参考: 株式売買手数料が一番安いのは?現時点ではSBI証券が最安と言って良いでしょう

SBI証券

株式の売買手数料にこだわるなら、大手ではSBI証券がおすすめです。顧客満足度も高いので、良い選択肢だと思いますよ。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。