投資信託の買付手数料, 申込手数料, 販売手数料とは| 名称は統一して欲しいなあ

投資信託のパンフレットなどを見ていると、「買付手数料」「申込手数料」「販売手数料」といった手数料についての記載があります。これらの手数料は、それぞれどんな手数料なのでしょうか。どれも似たような意味の名称ですが、異なる種類の手数料なのでしょうか。

販売手数料とは

投資信託には主に2つの手数料がかかります。一つは信託報酬という手数料です。そしてもうひとつがここで紹介する販売手数料です。信託報酬に関しては、次のリンク先を見てください。

販売手数料とは何かと言うと、投資信託を買い付けるときに、販売する銀行やら証券会社に支払う手数料のことをいいます。まさに、販売手数料と言う名前のとおりですね。

呼び方が統一されていない

販売手数料で厄介なのが、投資信託によっては違う呼び方をされると言う点でしょう。販売手数料ほ他に、買付手数料、申込手数料、募集手数料などとも呼ばれるのです。

ある程度経験がある人なら、これらが販売手数料であることはわかるでしょう。でも、初めて投資信託を買うような人だと、混乱してしまうのではないかと思います。非常に不親切です。何とか改善していただけないものでしょうかねえ。

何にしても、投資信託を買う人は、販売手数料に別名があると言うことは覚えておきましょう。余計なことで混乱するのは時間の無駄ですからね。

販売会社によって販売手数料の額が異なることも多い

販売手数料でもう一つ知っておきたいのが、販売会社によって手数料が異なることがあると言う点です。ある投資信託を買ったときに、A銀行では買付け価格の3%を手数料で取るのに、B証券では手数料がかからないこともあるわけです。

3%程度の手数料差はそれほど大きくないと感じるかもしれません。でも、投資における3%の差と言うのは、かなり大きな差だと考えてください。具体的に言うと、100万円分の投信を買ったら3万円の差がでます。金融商品の世界では、仮に庶民でも、数百万円単位の投資は、珍しいことではありません。

ちなみに、販売手数料に関しては、ネット銀行やネット証券が安い傾向にあるようです。投資信託はどこで買ってもまったく同じものです。少しでも安いものを選びましょう。

ちなみに、販売手数料ゼロの投資信託を特にノーロードファンドと言ったりします。ロードと言うのは販売手数料のことです。

ノーロードファンドと言う名前はよく使われるので、覚えておいて損はないでしょう。

補足:販売手数料を取らなくても販売会社は大丈夫なのか?

上に書いたように、販売手数料を取っていない投資信託も存在します。でも、これって、ちょっと不思議な事だと思いませんか?

と言うのも販売手数料と言うのは、投資信託が売れた時の販売会社の取り分です。その取り分がゼロになってしまうという事は、投資信託を売るメリットが無くなってしまいそうですよね。

ところが、実際は、販売手数料をゼロにしても販売会社には投資信託を売る意味があるのです。もう一つの手数料である信託報酬の一部が、販売会社の取り分になっているのです。

つまり、投資信託の販売をする銀行や証券会社は、販売手数料を取った上に信託報酬の一部も取っているわけです。これだけ取り分が多いので、銀行も必死になって投資信託を売るわけですね。

ですから、販売手数料がゼロのノーロードファンドだからと言って、販売会社が困ることは無いのです。仮に信託報酬が高かったりするような場合は、販売手数料がゼロでも逆に儲かったりします。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。