インドネシアとは| 人口、経済力がアセアンで最大。また日本国内で個別株式も購入可能

インドネシアは東南アジア諸国連合(以下、アセアン)の加盟国の一つです。アセアンの中で人口は最大で、アセアン全体の4割を占めます。

また、GDPで見ても最大で、アセアン内の4割を占めます。人口比とほぼ同じということですね。

一人当たりのGDPは3,495ドルです。これを書いている時点のレートである1ドル93円で計算すると、約32万5,000円程度ということです。ちなみに、アセアン全体での一人当たりのGDPは3,571ドルということで、インドネシアの一人当たりのGDPと近い数字になっています。

以上をまとめると、次のような感じになるのでしょうか。

インドネシアはアセアン内で人口が最大の国です。また、アセアンの中で最大の経済規模を誇っています。

しかし、国民一人当たりで考えると、アセアン諸国の中で平均的な経済力の国ということになります。

インドネシア経済は、大体こんな感じで把握しておけば良いのではないでしょうか。

インドネシアに投資をするには

インドネシアに投資をするには、いくつか方法があります。

おそらく、最も一般的なのがアセアンに投資する投資信託を使うことでしょう。インドネシアはアセアンのGDPの4割を占めます。ということは、アセアンに投資をすることで、何割かはインドネシアに投資していることになります。例えば、次のような投信ですね。

また、インドネシアのみに投資する投資信託もあるようです。債券の投資信託もあれば、株式の投資信託もあるようですね。例えば、次のような感じです。

ちなみに、マネックス証券のデータを見る限り、アセアン全体よりはインドネシアに限定した投信のほうが多いようですね。

個別の株式を買うことも出来る

さらにネット証券を使うと、インドネシアの個別株に投資することも可能です。SBI証券や楽天証券では、インドネシア株の売買が可能なのです。

もちろん、選ばれた一部の企業の株式のみが投資対象になっています。それでも、個別株を買う機会が得られるだけでも便利なサービスだと思います。

顧客満足度やサービスの幅広さを比較すると、どちらかというとSBI証券の方がおすすめです。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。