信用取引とは| 要するにお金を借りたり株を借りたりして投資をすることです

株式投資を始めると、いずれ「信用取引」という言葉を目にするようになるはずです。この信用取引というものが何なのか、簡単にチェックしておきましょう。

率直に言って個人投資家が信用取引を行う必要は無いと思うんですけどね。基本戦略は長期の分散投資で十分ですから。とは言え、知識として知っておいて損はないはずです。

信用取引って何なのだろうか?

ある程度株式の投資経験を積んで来た人の中には、信用取引に興味を持ち始めた人もいるでしょう。あるいは、株式投資をはじめる段階で、信用取引に興味を持っている人もいるかもしれません。でも、信用取引っていったい何なのでしょうか。

まず、用語の定義を見ておきましょう。国語辞典を引いてみると、次のように定義されています。

しんよう‐とりひき【信用取引】
証券会社が顧客に一定の委託保証金を預託させ、買付代金または売付株券を貸し付けることによって行わせる株式取引。
(大辞泉)

はっきりって、この説明だけではぜんぜんわからないという人が多いでしょう。内容がわかっている人でも、わかりにくいと感じると思います。そこで、もう少し噛み砕いて説明したいと思います。

「信用買い」と「信用売り」

まず、委託保証金を預託させるというのは、要するに担保としてお金を預けておくということですね。で、それを担保にお金を借りて株を買うというのが、信用取引の一つの形です。これを信用買いといいます。要するに、借金をして株を買うのが信用買いです。

もう一つが、預けたお金を担保にして、株を借ります。そして、それを市場で売るという投資をします。いわゆる空売りのことですね。これを信用売りといいます。要するに、株を借りてそれを売るのが信用売りです。

もちろん信用売りでは、将来的には株を買い戻して返さないといけません。借りたものを返すのは人として当然ですからね。

そして、信用買いと信用売りの事を合わせて信用取引と言います。大雑把な概念としては、ご理解いただけたのではないでしょうか。

参考: 質問: 委託保証金とは何だろう?

個人投資家に信用取引は必要か?

さて、信用取引の基本がわかりました。ここで問題なのは、信用取引が個人投資家に必要なのかという点です。

個人的には、個人の資産運用において、信用取引は無いと考えています。というのも、個人の資産運用では長期間分散投資を続けることがベストだと思えるからです。国内外の株式のETF などを買って、それを放置しておくわけですね。そして、資金に余裕が出来たら、追加でETF を買っていくわけです。ポートフォリオ理論を信じるなら、これだけである程度は稼げるはずです。

とは言え、信用取引には将来の株価の予想ゲーム的な側面があります。言い方は悪いですが、チップをかけてギャンブルをしているという側面もあるのです。そういうゲームを楽しむことは、必ずしも否定はしません。完全に合法ですし。

まあ、ゲームですから、節度を守ってやる必要はありますけどね。

信用取引についてもう少し詳しく

以下、信用買い、信用売りについて、もう少し詳しくご説明します。

信用買いとは| 要するにお金を借りて株を買うことです
信用売りとは| 株を借りて市場で売ってしまうという、知らない人には不思議な取引だと思います

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。