カブドットコム証券プチ株のデメリットは高い手数料| 練習には最適

株式投資の練習用にカブドットコム証券のプチ株を使うのは賢い方法だと思います。ただ、これを使って本格的な株式投資をするのは難しいでしょう。ちょっと手数料が高すぎるのです。株式の売買をする練習用として使うのが最適ではないでしょうか。


株式投資の練習用にカブドットコム証券のプチ株を使うのはいいアイディアだと思います。実際のお金を使って売買した方が緊張感もあるでしょうし。

興味はあるのに株式投資を始められない人は意外と多そうです

世の中には、株式投資を始めたいと思っていても、なかなかはじめられない人も多いはずです。なんとなく始めたいとは思っていても、なかなか実行に移せないのです。

投資になじみが無い人には、株式投資というのは敷居が高く感じるものでしょう。自分が投資を始める前のことを思い出すと、その気持ちは良くわかります。

面倒なイメージがある

株式投資を始めるのをためらう理由はいくつか考えられますが、その一つが口座開設手続きの煩わしさでしょうか。なんとなく、大変そうなイメージがありますよね。

でも、実は、口座開設はそれ程大変な事ではありません。本人確認まで含めて、ネットで簡単に終わってしまいます。

よくわからないものに10万円近く出すのは抵抗がある

また、敷居が高く感じる理由の一つとして、その金額の高さが影響するのかもしれません。以前に比べてだいぶ買いやすくなったとは言え、株式投資を始めるには最低でも10万円程度のお金は準備しないといけません。

もちろん10万円程度なら、ほとんどの人にとって用意すること自体は簡単でしょう。でも、株式というよくわからないものにそれを使うとなると、また話は別ですよね。やっぱり抵抗はあるはずです。

全部を失く可能性は小さいとしても、短期間で半分くらいに減ってしまうと思っている人も未だにいるでしょうからね。すごい危ないイメージがあると、10万円でも出すのはためらわれます。

ある程度経験をつんで慣れている人には、株式投資に10万円20万円と使うのはなんでもありません。でも、まったく経験が無い人には、それすらもちょっと怖く感じるものです。ちょっとした失敗で、ゼロになってしまうのではなどと、不安に思ってしまうのです。

ですから、ある程度慣れるまでは小額で投資をし、その後まとまった金額で投資をしたいと考える人も多いのではないかと思います。競馬をはじめたばかりの人が、最初のうちは100円から馬券を買う感じですね。

最初は競馬みたいに100円くらいから始めてみたいですよね。いきなり10万円だすとなると、ちょっと勇気がいります。

プチ株というサービスを使うと1株から投資が出来る

さて、そんな小額からはじめたいという人にお勧めのサービスが、カブドットコム証券にはあります。

プチ株というサービスなのですが、このサービスを使うと1株単位から株式の売買が出来るのです。ですから、多くの銘柄で、数百円から数千円程度から投資をすることが出来ます。

まあ、流石に、数百円程度から始めるという人は少ないでしょう。実際には5,000円とか1万円程度から投資をするという感じで使うことになると思います。

株式投資の入り口として、気楽な感じで試してくださいという意味で用意している商品なのでしょうね。

売買の練習なら、デモ画面を用意しているところもありますし、デモ取引のゲームのようなものもあります。ただ、そういうもので試すよりは、プチ株の方がお勧めできます。実際のお金がかかっている方が、少額でも緊張感をもって楽しめるでしょうから。

プチ株なら少額から株式投資が始められます。

手数料が高いから本来ならすすめないが

このプチ株ですが、通常の株式投資に比べると手数料が高いです。ですから、一般的な投資手段としてはあまりおすすめできません。純粋な小額の投資という意味なら、手数料の安い投資信託でも買った方が良いと思います。

でも、まあ、株式投資をお試しでやってみるための手数料ということなら、まったく問題が無いでしょう。手数料が高いとは言っても、決して法外な値段を取られるわけではありませんからね。

試しに買ってみるという程度なら、合理的な手数料なのだと思います。ある程度慣れたら、普通に株式の売買をすればいいわけですから。

手数料問題を掘り下げてみましょう

手数料に関して、もう少し詳しく見てみましょう。プチ株の手数料は、約定代金2万円まで税抜100円です。それより大きい金額の場合は、次の1万円が来るまで67円ずつ加算されるということです。

ちょっと分かりづらいので、具体例を挙げてみましょう。

まず、約定代金が1万8500円だったら、2万円に達していないので、手数料は100円です。これが最低金額ですね。

次に、約定金額が2万30円だったら、2万円を超えて、3万円に達していません。ですから手数料は167円(=100円+67円)となります。

約定代金が3万9900円だったら、さらに67円加算で234円となります。

プチ株の手数料は割高なのか?

例えば、約定代金が2万円ちょうどの場合、手数料は100円ですから、約定代金の0.5%となります。はっきり言って手数料が安いとは言えませんが、まあ、許容範囲ではあるでしょう。

これが2万1円になると、手数料は167円にあがります。ということは、約定代金に対して0.83%となります。まあ、これも、売買の頻度が大きくなければ何とか許容範囲でしょう。

という事は、約定代金が2万円を超えていれば、プチ株での株式売買という選択肢はギリギリ成り立つことになります。

約定代金が小さくなると使えない

これが、値段が下がっていくと、約定代金に対して手数料の割合が大きくなっていきます。1万円で1%、5,000円だと2%、1,000円だと10%という具合ですね。

厳密に書くと、これに消費税がかかりますから、割合はもうちょっと大きくなりますけどね。まあ、とにかく、金額が小さくなると手数料が大変なわけです。

5,000円の時の2%という手数料は、投資として考えると、ちょっと看過できない高い水準です。仮に長期保有をするとしても、やっぱり手数料が高いですね。

まあ、お試しでやってみた場合のコストなら、目は瞑れるとは思いますが。

実際の資産運用としては、やっていられない水準の手数料です。

プチ株なら1万円以下の売買も頻繁に起こる

でも、実際に1株単位とか10株単位とかで売買をすると、約定代金が数百円から数千円の取引というのは発生します。ちょっと株価を調べてみれば、数百円程度の株式なんて、ゴロゴロと見つかりますからね。

こういうのを資産運用のために買うのは、手数料を考えると、ちょっとバカバカしいと言わざるを得ないでしょう。

プチ株は本格的に売買する前の練習用でしょう

資産運用といてプチ株を使うのであれば、やっぱり、約定代金1万円以上程度を一つの目安にした方が良いでしょうね。可能であれば、単元株が買えるまで待った方が良いかもしれません。

他の証券会社を使えば、かなり手数料が割安ですから。例えば、SBI証券なら、約定代金20万円まで手数料が税抜き価格で105円です。

この手数料を考えると、プチ株は本格的に株式の売買をするまでの練習用って感じでしょうかね。ある程度少額で遊んでみて、感じがつかめたら単元株に手を出すという感じになるのでしょう。そういう目的なら、十分に価値はあると思います。

ただ、これで本格的に資産運用をすると言うのは、ちょっと考え辛いです。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。