質問: 一般信用取引と制度信用取引の違いは何でしょう

信用取引には、一般信用取引と制度信用取引という2つの種類があります。この2つの違いは何でしょうか。概略だけでも把握しておきましょう。

まず、制度信用取引というのは、簡単に言うと、証券取引所の規定によりルールが決定される信用取引のことを言います。全ての証券会社に共通に適用される、一定のルールが作られていると考えるとわかりやすいでしょう。

一方の、一般信用取引というのは、証券会社が独自にルールを決めている信用取引のことを言います。証券会社が自由に決められる分、自由度が高いのが特徴です。その一方で、金利は高めに設定されています。

歴史的には、もともと制度信用取引しか存在していませんでした。その後、金融自由化の流れを受けて、一般信用取引が生まれたのです。ですから、未だに制度信用取引のみで、一般信用取引の扱いが無い証券会社も存在します。

つまり、一般という名前とは裏腹に、制度信用取引のほうが一般的な存在なのですね。

返済期限

制度信用取引は証券会社によらず株やお金の返済期限が決まっているという特徴があります。一律で6ヶ月と決まっています。つまり、信用買い又は信用売りをした6ヶ月後に、その取引の決済をしないといけません。

一方の一般信用取引は、返済期限を証券会社が独自に決めることが出来ます。SBI証券のように、無期限に設定されているところも多いようです。決済はいつしてもいいという自由度があるわけです。

ただ、信用取引には金利や株のレンタル料がかかるので、あまり長期の投資には向いていません。

取り扱い銘柄

制度信用取引では、取り扱い銘柄は一定の基準を満たした制度信用銘柄と呼ばれる銘柄の取引しかできません。その銘柄を決定しているのは、証券取引所です。つまり、そのリストからもれると、信用取引が出来ないのです。

一方の一般信用取引では、整理ポストなどの例外を除いて、全ての銘柄を扱うことが可能です。証券会社の独自裁量で行える分、幅広い取引が可能になっています。

ただ信用売りに関しては、基本的に一般信用取引の取扱がない所が多いようです。

信用売り(空売り)

信用売りは制度信用銘柄の全てで可能ということではありません。貸借銘柄と呼ばれる、一部の銘柄に限られます。

一般信用取引では、信用売りに対応していない証券会社が多いようです。また、扱っている場合でも、一部の銘柄に限定されています。当然ですが、扱う銘柄は証券会社によって異なります。

手数料

手数料に関しては、一般的に、制度信用取引のほうが安いようです。

手数料が安い制度信用取引を基本に考えよう

信用取引の手数料は、馬鹿になりません。現物の株式売買に比べて、遥かに高い手数料(金利や株のレンタル料)がかかります。特に、決済までの期間が長ければ長いほど高コストですから、基本的には短期での売買を考えるべきです。

というわけで、基本的には手数料の安い制度信用取引を中心に考えましょう。しかも、短期の取引を考えるべきです。そこで対応できないケースの時、初めて、一般信用取引の利用を考えるといいでしょう。

安宿を使えば海外の長期滞在で実地訓練という手もあるよ

例えばマレーシアなら、1泊3,000円程度でホテルに宿泊することができます。20日間滞在すると仮定しても6万円で何とかなるのです。普通に生活するだけなら、1日2,000円もあれば何とかなるでしょうから、20日間の生活費で4万円ということになります。

飛行機の代金がもろもろ込みで10万円だったとしても、トータルで20万円で20日くらいは滞在できる計算です。

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。