じぶん銀行がFX取引の取扱を開始| 手数料競争は相当厳しいけど、FX業者は儲かるのかなあ?

インターネット専業のじぶん銀行がFXの取扱を始めたようです。FXサービスの提供ってやっぱり儲かるのでしょうね。

2011年にFXの規制がかかった時には、FX市場は縮小するものと考えられていました。個人投資家のFXのレバレッジの倍率を25倍に制限するという規制ですね。

倒産したり、事業譲渡する業者がでてくると考えられていたのです。確かに、一番多いと言いに比べると、その数はずいぶん減ったようです。例えば、日経新聞に次のような記事が出ていました。2012年8月の記事ですね。

FX 大手業者の再編始まる 取引減少で顧客争奪戦

それなりに、業者数は減ってきたようです。しかし、今回のように新規にサービスを開始する所があるのも事実ですです。手数料が格安のSBI系のSBI FXTRADE という所も新規参入していて人気があるようですし。

まあ、経営体力があるところに、絞られていくのは事実なのでしょうね。為替手数料の値下げ競争はかなり厳しいようですし。

それにしても、FX業者って儲かるのでしょうか?今の手数料体系を見ていると、かなり薄利多売の商売をやっているように見えます。こんなにディスカウント競争をして、適正な利益が出るのかどうかよくわかりません。

まあ、儲かると思うから新規で始めるのでしょうけどね。外から見ていると、ちょっとわかり難いです。

既存の金融機関が始めるなら、儲けにつながるのかも

一つ考えられるのは、既存の金融機関がFXのサービスを始めるのは楽なのかもしれないと言う点です。例えば銀行の場合、預金口座にあるお金の一部をFX口座に移してもらうだけで、顧客は取引を解しできます。

これって、いちいち入金作業が必要なケースに比べれば、相当簡単なはずですよね。心理的な抵抗も小さいでしょうし。

銀行としても、預かったお金を自分で運用するよりも、顧客にFX取引をさせた方がメリットがあると思ったのでしょう。流石に国債で運用することを思えば、FX手数料を取る方が儲かるでしょう。

あとは、FXのシステム導入と維持のコストがどのくらいかかるかですよね。この金額しだいでは、銀行や証券会社などは参入が容易なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。