投資信託を買えないGMOクリック証券は初心者には使いづらいの?

GMOクリック証券は投資信託の扱いがほとんどありません。

投資信託は投資の初心者が使いやすい金融商品ですよね。それがないということは、投資の初心者は使いづらい証券会社なのでしょうか?

結論から言うと、投資信託が使えないことのデメリットはあまり無いでしょう。初心者でも十分に使える証券会社だと思います。

そもそも、GMOクリック証券には手数料が安いという大きなメリットがあります。可能なら積極的に利用したいものですね。

投資信託が無いのはETF で補える

GMOクリック証券では銀行などで買えるような非上場型の投資信託はあつかっていません。しかしその代わりに、ETF という上場型の投資信託を利用できます。

一般的には、ETF は非上場の投資信託よりも有利だと考えられています。その理由は簡単で、手数料が安いのです。

ですから、ETF が買える以上、GMOクリック証券を使うのは大きな不利とはいえません。銀行などの投資信託より有利なETF が使えるのですから、むしろ有利な金融機関と考えて良いでしょう。

なんでETF という優れた商品が知られていないのか

ちょっと余談を。

ETF は手数料が安く、とても優れた金融商品です。しかし、一般にはあまり知られていないようです。少なくとも、投資の初心者はあまり知らないません。

その理由は、どうも、金融機関側の都合にあるようです。

まず、ETF は株式などと同じ扱いですから、銀行や生保会社では扱うことができません。ETF を扱えない以上、銀行や生保会社がETF を勧めることは絶対にありませんよね。自社の利益に全くなりませんから。

また、ETF の取扱がある証券会社も、国内のETF はあまり勧めたがらないようです。その理由は簡単で、投資信託を売った方が手数料を稼げるからです。

結局ETF は、売る側の人たちがあまり売りたくない商品ではあるようです。

金融機関が積極的に売りたくないわけですから、あまり知名度が無いのは自然のことですよね。それよりも、手数料をたくさん取れる一般の投資信託の方が有名になるのは自然なのです。

積立が出来ないのが最大のデメリット

上に書いたように、ETF を使えるので、GMOクリック証券を使うことに大きなデメリットはありません。ただ、一つだけ気になる点があります。それは、ETF には一般の投資信託のような積立て機能が無いことです。

ネット証券を中心に、金融機関では、非上場の投資信託の積立て機能を充実させています。しかし、ETF の積立が出来ないGMO クリック証券ではこれと類似した商品が無いわけですね。

個人的には、投資信託の積立て機能が必須だとは思いません。数ヶ月ごとにコツコツ買っていっても良いと思うからです。まあ、気になる人は別の金融機関を探すしかないですね。

ちなみに、投資信託の積立がしたいのなら、SBI証券がお勧めです。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。