ネット証券で投資信託を使って投資を始める手順

ネット証券を使って投資信託を購入する場合は、どのような手順になるのでしょうか。初めて投資信託を買うと言う方は、チェックしておいてください。

もっとも、厳密な順番が決まっているわけではありません。手順が前後する場合もあると思いますけどね。次に紹介するのは、あくまで、スタンダードな手順だと思っておいてください。

(1)ネット証券に口座を開く

最初に投資信託を購入するネット証券を選んで、口座を開きましょう。

パソコンなどで必要事項をフォームに入力し申し込み資料を請求します。そうすると、入力した内容が既に記載された申し込み書類が送られてきます。必要な箇所に押印して、身分証明書のコピーなどを添えて返信すれば手続き自体は終了です。

手続きは難しくはありませんので、想像以上に簡単に口座は作れてしまうでしょう。

ちなみに、投資信託での投資をするなら、SBI証券がおすすめです。このサイトでも繰り返し書いていますが。

(2)購入する投資信託を選ぶ

ネット証券の提供する検索機能などを使って、購入する投資信託を選びましょう。どうやって投資信託を選べば良いかは、このサイトの他のページでも、詳しく解説しています。1

投資信託は、基本的には1万円から購入可能なので、人気の投信を試しに1本選んでみても良いかもしれません。

(3)ネット証券に入金する

購入する投信を選ぶのと並行して、ネット証券の口座に入金しましょう。銀行振り込みが一般的ですが、その他にも様々な方法が提供されています。

例えばSBI証券だったら、住信SBIネット銀行のハイブリッド口座を使うことも可能です。住信SBIネット銀行の口座に入金しておくと、その残高分はSBI証券で金融商品が買えると言うシステムです。入金の手間が要らないので、非常に便利だと思います。

(4)交付目論見書の内容をチェックする

購入する投資信託の候補が決まったら、交付目論見書を請求します。ネット証券の場合、証券会社のサイト上で申し込んで、そこで読むことが出来ます。手間がかかりません。

ちなみに、交付目論見書を交付しないと、金融機関は投資信託を販売することが出来ません。ですから、購入する投資信託を既に決めているようなケースでも、このステップは省略できません。
(余談:野村證券から、突然、投資信託の目論見書が送られてきた

(5)投資信託を注文する

最後に、投資信託の買い付けの注文を出します。金額で○○万円と言うふうに注文するのが良いでしょう。口数で注文することも出来ますけどね。

やってみたら意外と簡単だと思います

まだやったことが無い人は、購入手続きを難しいと思っているかもしれません。証券会社なんて、なじみがない人も多いですからね。

でも、意外と簡単に買えてしまうものですよ。ちょっと特殊なのは、目論見書の交付を受けないといけないというくらいでしょう。

実際にやってみるのが早いと思うので、興味があったら実行してみましょう。


  1. 補足:ちなみに、投資信託を選んでからそれを扱う証券会社を選ぶと言う方法も有るはずです。しかし、今回は先に証券会社を選ぶ方法をおすすめしておきます。その理由は次のページです。 []

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。