投資信託選びが先かネット証券選びが先か、それが問題だ

前のページで、投資信託を購入するまでのおおよそのステップをご紹介しました。この時にちょっと悩んだのが、投資信託を選ぶ順番とネット証券を選ぶ順番のどちらを先にするかです。

既にネット証券に口座を持っているのなら、そこで扱っている投資信託から選ぶという選択肢もありうるでしょう。しかし、ネット証券に口座を持っていない場合は、投資信託から先に探すと言う選択肢もありえますよね。

投資信託を先に選び、それを扱っているネット証券を探すという手順を取るわけです。これも十分に合理的な方法だと思います。1

証券会社を先に選ぶ方が良いでしょう

もちろん、投資信託から先に選ぶと言う方法も、採りうる方法です。でもやっぱり「ネット証券を先に選ぶ方が賢いかな」と言うのが私の結論です。そうしないと、不都合が生じる可能性があるのです。逆に、ネット証券から選んだ方が、不都合が少ないだろうと考えました。

投資信託の購入目的でネット証券を選んだら、SBI証券から楽天証券あたりになるはずです。この2社を選ぶ理由は、取り扱う投資信託の多さです。1,400本以上の投資信託の取り扱いがあります。

とりあえず、1,400本もの取り扱いがあれば、選択肢が少なくて困ると言うことは無いと考えたのです。これなら選択する上で大きな不都合はないですよね。

しかし投資信託から先に選ぶと、一つの金融機関でまかなえない可能性もでてきます。日本株の投信はA証券、外国株の投信はB銀行みたいに複数の金融機関を利用しないといけなくなるのです。さすがにこれは管理しにくいはずです。

ということで、投資信託の取り扱い本数が多いネット証券を先に選ぶ方が賢いだろうというのが私の結論です。

SBI証券や楽天証券を選ぶと、これ以外にも、様々なメリットがあります。例えば、この両社は投資信託の積み立てがしやすいのです。なかなかおすすめですよ。


  1. 補足:ちなみに、ネット証券以外の銀行やら店舗型の証券会社を使うと言う選択肢ははじめから考えていません。取り扱い本数が少ないうえに、手数料が高いことが多いので、論外なのです。 []

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。