SBI証券の家族・友達紹介プログラムは有利なシステムです

SBI証券では、家族や友達を紹介すると、現金がもらえるサービスをやっています。有利なシステムなので、利用できる人は利用してみては如何でしょうか。

ただ、この手のサービスは、抵抗感を感じる人も要るようです。家族はともかく、友達を紹介してお金を貰うのは、何か悪いことをしている感じがするのです。

でもSBI証券の場合は、その点に関しても、問題が無い仕組みになっています。なぜかと言うと、紹介したほうもされたほうも、得をするシステムになっているのです。その意味では、罪悪感を感じることなく、紹介できるわけです。

紹介する流れは次のような感じ

家族や友人を紹介して、お金を受け取るまでは、次のような流れです。

  1. 専用のフォームを使って紹介する人の名前とメールアドレスを登録する
  2. 紹介された人が、専用URLから口座開設をする
  3. 紹介された人が、SBI証券の口座に5万円以上の入金をする

この流れを見ると分かるように、紹介者がするのは友人や家族の名前とメールアドレスを登録するだけです。作業時間としては1分もかからないくらい簡単な作業ですね。

これだけのことで、1人につき3,000円を貰えるそうです。最大10人まで紹介できるので、上限は3万円ということですね。

なかなかお得なサービスだと思います。

紹介する相手に了解を取らないとトラブルになりそうですね

わざわざ書く事も無いのかもしれませんが、紹介する相手には了解を取った上で登録をした方が良いでしょう。そうしないと、トラブルの元ですからね。

特に友達の場合は、勝手に登録したら絶対にまずいですよね。家族だったら、ある程度なあなあで済まされるかもしれませんが。

普通に常識がある人なら大丈夫だとは思いますが、一応書いておきます。

紹介された側も3,000円もらえる仕組み

ちなみにこのサービス、紹介された側にもメリットがあります。紹介された上で口座を開設すると、3,000円がもらえるのです。

ただ、ちょっと注意しないといけないのが、3,000円を貰うためには15万円以上の投信買付が必要だという点です。ただ口座を作るだけでは駄目なのですね。

投資信託に興味がある人なら、普通に投資信託を買ってしまえば問題が無いでしょう。ただ、ちょっと困るのが、違う金融商品に興味を持っていて、投資信託は要らないという場合です。例えば、株式を買いたくて口座を作るような場合ですね。

こういう場合は、一旦買い付けて、しばらくしてから売るのが良いのでしょうかね。このあたりの規定は、チェックしてみてください。

ちなみに、投資信託の場合は販売手数料がかかるものがあります。こうした投資信託だと、15万円の投資で5,000円くらい手数料がかかってしまう事もあります。これだと、買い付けてすぐに解約だと、損をしてしまう可能性が大きいですよね。

そういう事態を避けるためにも、ノーロードファンドと呼ばれる販売手数料がかからない投資信託に投資するようにしましょう。そうしないと、手数料の方が高くつくなんていう、間抜けなことになってしまいます。

キャンペーンの期間

ちなみに、今回紹介しているキャンペーンは、2014年の11月末までのキャンペーンです。ただ、この手のキャンペーンは随時行っているようなので、興味がある人はSBI証券のサイトをチェックしてみるといいでしょう。

余談ですが

余談ですが、こういうキャンペーンをやっているということは、SBI証券にとっては1口座は3,000円以上の価値があるのでしょうね。というか、長期的に見れば数倍から数十倍の価値があるということでしょう。

まあ確かに、投資信託を100万円も買わせれば、それだけで3万円程度の売り上げは期待できます。販売手数料がかかる投資信託を売った場合ですけどね。

そう思うと、3,000円くらいの現金プレゼントキャンペーンは、痛くもかゆくも無いのでしょうね。

まあ、このキャンペーン自体は、紹介する側も紹介される側も、得をするシステムです。ですから、SBI証券も含めて、みんなハッピーということでいいのかもしれません。

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。