ロシア株・ルーブルの急落は何?| SBIのレポートを参考に考えてみよう

SBI証券に「原油価格低下の影響が顕在化し始めたロシア株・通貨」というタイトルのレポートが掲載されていました。12月に入ってロシア株とルーブルが急落した原因についての解説レポートです。

ロシア株とルーブルの下落は、日本の衆院選の投開票が終わった直後でした。ちょっとでもタイミングがずれていたら、日本の選挙結果にも影響したでしょう。ロシア問題の発覚と同時に日本の株式も下げましたからね。

その意味では、私たちの生活に無関係とは言えないことが起きているわけです。

このページでは、そのレポートをベースに、ちょっと議論してみましょう。

原油価格の下落が原因

今回のロシア株・ルーブルの下落は、レポートによると、原油価格の下落が原因ということです。

ソ連の解体の時期にガタガタだったロシア経済が復調した要因の一つは、原油価格の高騰にあると言われています。資源国であるロシアにとっては、追い風になったわけですね。

しかし現在は、OPEC が原油価格の下落を容認している状況です。原油価格の下落がロシア経済の足を引っ張っているわけです。

つまり、ロシア経済は原油価格によって大きな影響を受けやすい仕組みということですね。

ちなみに、OPEC が原油価格の下落を容認してるのはなぜかと言うと、アメリカのシェールガスを潰すためだと言われています。ある程度よりも原油価格を下げると、シェールガスは採算割れになると言います。ですから、原油価格を下げてシェールガスの開発を止めさせようとしたわけです。

でもその結果、意外なことに、ロシアが参ってしまったと言うわけですね。意外な因果関係で、非常に興味深いです。

今後はどうなるのだろう?

シェールガスつぶしが原油価格下落の目的だとすれば、すぐに原油価格が上がるということも考えにくいでしょうね。となると、ロシアの状況がすぐによくなる事も無さそうです。

投資家としては、このあたりの事情を踏まえてロシアに投資すると、いいのかも知れません。例えば、長期的にはルーブル安を見込んで為替に投資するとかね。

あと、アメリカのシェールガスがどうなるかも、興味があるところですね。シェールガス開発から手を引くかどうかがポイントになりそうです。採算が取れなければ、当然撤退ということもあるでしょう。

このあたりが、直接的な投資につながりそうなところでしょうか。何にしても、最終的な投資判断は自己責任でお願いしますけど。

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。