SBI証券で外貨建てMMFを日本円で購入可能に

SBI証券では、外貨建てのMMFを円で買えるようになったようです。

残念ながら、これまでがどうなっていたのか正確に把握はしていません。ただ、米ドル建てのMMFに関しては、一度ドルに替えないと購入できなかったはずです。

自動的にMMFを買い付ける通貨に両替し、買い付けをしてくれるようですね。

ちなみに、外貨建てのMMFを売った場合は、外貨でも円貨でも受け取れるようです。つまり、円で買って円で売る事もできるわけですね。

これまでの手順と比べると、かなり便利になったと言っていいでしょう。
ちなみに、SBI証券のサイト内での説明は次のようになっています。

2014/12/12(金)より、外貨建MMFにおきまして円貨決済サービスを開始します。
これにより、あらかじめ外貨を購入することなく、直接円貨から外貨建MMFを購入することができます。また、外貨建MMFを解約する際には、外貨または円貨のどちらで受取るかを選択することができますので、購入・解約いずれの場合も為替取引の手間を省くことができます。
さらに、お取引画面がリニューアルされ、よりお取引しやすくなりましたので、これを機に外貨建MMFをぜひご利用ください。

気になる点を確認しておこう

このサービスで気になる点をいくつか確認しておきましょう。

まず、このサービスを使う手数料ですが、基本的に特別な手数料はかからないようです。もちろん、円貨を外貨に替えるときに、通常の為替の両替と同じ手数料は取られます。ようするに、サービスを利用すること自体は、有利でも不利でもないということです。

買い付けるときに為替のレートですが、画面上には参考レートが表示されるようです。ただ、実際の買い付けで多少の差額が生まれる可能性はあるようです。参考価格を取得するタイミングと買い付けのタイミングで、為替のレートが少し動くということですね。これはどうしようもないことですから、サービスを利用するなら受け入れるしかないでしょう。

SBI証券はメールで新しいサービスを教えてくれる

ちなみに、この情報は、SBI証券のニュースレターの中に書かれていました。「お客さまのリクエストへお応えした12月の対応状況をご報告いたします。」というタイトルのメールです。その中の対応項目の一つということです。

自分のメールボックスを調べてみたのですが、2014年の6月分から毎月送信されているようです。わりと最近はじめたサービスのようですね。

興味がある人は、SBI証券のニュースレターを受信してみてください。結構便利なサービスだと思います。利用するためには、口座開設は必要なのかな。

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。