IPO は儲かる確率が高い| 冷静に考えれば当たり前のことなんですよね

過去の例を見れば分かると思いますが、IPO の公募価格(IPO で買った場合の1株の所得価格です)で買って初値で売った場合、かなりの確率で儲かっています。論より証拠と言いますから、これを書いてる時点での直近の10件の公募価格と初値をチェックしてみましょう。

上場日証券コード銘柄名市場公募価格(円)初値(円)差異率(%)
15年3月19日3223(株)エスエルディージャスダック1,6501,90315.33
15年3月19日3224(株)ヒューマンウェブ東証マザーズ1,8002,01011.67
15年3月19日3909(株)ショーケース・ティービー東証マザーズ1,8005,290193.89
15年3月17日3908(株)コラボス東証マザーズ3,6208,600137.57
15年3月17日3910(株)エムケイシステムジャスダック3,50015,120332
15年2月23日3907シリコンスタジオ(株)東証マザーズ4,9009,900102.04
15年2月20日1384(株)ホクリヨウ東証2部4605018.91
15年2月19日3906(株)ALBERT東証マザーズ2,8006,040115.71
15年2月18日3454ファーストブラザーズ(株)東証マザーズ2,0402,0902.45
15年2月18日6037(株)ファーストロジック東証マザーズ1,7702,70052.54

高い確率で儲けられるのが分かります

これを見ると分かるように、過去10件のIPO では、100%初値の方が公募価格よりも高くなっていました。IPO に当選しさえすれば、確実に儲かったわけです。

もちろん、過去にさかのぼっていくと、初値が公募価格よりも低い場合も存在します。ただ、公募価格よりは初値の方が高くなるのが一般的という言い方は出来そうですね。

つまりIPO の場合、公募価格で買ってすぐに売れば、高い確率で儲けることができるわけです。もちろん、抽選に当たらないといけないというハードルはありますけどね。応募するだけならお金はかかりませんから、積極的に試してみたい投資です。

IPO で投資家が有利なのは当然かも

ところで、IPO の公募価格を主導的に決めているのは、証券会社のはずですよね。どうしてこんなふうに、投資家が儲かるように設定されているのでしょうか。もう少し高めの設定にしてもよさそうなものですよね。

この点に関しては、証券会社の立場に立ってみると理解しやすい気がします。

証券会社としては、IPO を成功させたいと思っているはずですよね。成功というのは、すべての株式を売り切ってしまうという事です。そのためには、ある程度の数の投資家を集める必要があります。そうなると、投資家には高い確率で儲かるというイメージを与えることが大事ですよね。

つまり、投資家が儲からないと思ったら、IPO は成立しないわけです。あるいは、証券会社の営業の負担が大きくなりすぎて、ビジネスとしてのうまみがなくなってしまうわけです。ですから、公募価格を低目にするのは必然なのです。

こういう事情を考えれば、今後もIPO というのは当選すれば儲かるという状態が続くのでしょう。

公募価格の何倍もの初値が付くのはなぜなのでしょう

公募価格が予想される初値よりも低めに設定されるのは分かりました。でも、上の例を見ていると、公募価格の数倍の初値がついているケースもありますよね。一番大きいのだと、初値が公募価格の3倍近くになっているケースがあるのかな。

IPO で投資家に儲けさせるために公募価格を低目に設定するにしても、これって酷いですよね。上場する企業からしたら、クレームの一つも付けたくなるのでは無いでしょうか。公募価格を高めに設定しておけば、企業としては事業資金を多く手に入れられたわけですからね。

ここまで公募価格が低くなるのって、どうしてなのでしょうか。実は証券会社って、株価を予想する力が無いのかもしれませんね。そう考えないと、何倍も読み間違うなんて、考えにくいです。

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。