IPO の当選確率を上げるには| SBI証券で2単元以上買う、複数の証券会社に口座を作る

IPO の当選確率に関しては、率直に言って、良く分からない部分が多いです。そもそもIPO に応募している人数が分からないので、当選する確率をはかりようがありません。また、抽選の方法が明確にされていない証券会社もあります。

そんな状況ではありますが、確実に当選確率を上げる方法というのも存在します。このページでは、そんな方法について紹介してみようと思います。少しでも当選確率を上げたい人は、チェックしてみてください。

SBI証券で複数単元申込をする

まず、SBI証券を使って、当選確率を上げることができます。

その方法を説明する前に、SBI証券サイト内にある、IPO の抽選に関する次の記述を確認しておきましょう。

抽選にあたっては、抽選対象となる需要申告のお申込み単元毎に番号(乱数)を付し、その番号を対象に抽選を行います。

この説明だとちょっと分かり辛いですね。一番重要なのが「お申込み単元毎に番号(乱数)を付し」という部分です。例えば、10単元の申込をしたら、10個の抽選番号がもらえるということです。1単元ごとに1枚の抽選券を貰え、その単元ごとに抽選ができるというイメージですね。1

この抽選に関する記述を見ると分かるように、応募する単元数を増やせば当選する確率が2倍になるということです。非常に簡単に当選確率を上げることができるので、当選確率をあげたい人は検討をしてみるといいでしょう。1単元を2単元にするくらいなら、予算的にもそれほど厳しくないでしょうし。

ちなみに他のネット証券では、この方法は使えないようです。少なくとも私が知っている範囲だと。なぜかというと、他のネット証券では、1口座に対して1票だからです。ということは、お金をあまり持っていない人の場合は、SBI証券以外を使ったほうが良いのかもしれませんね。

複数の証券会社の口座を持っておく

当選確率を高くするもう一つの方法は、複数の証券会社に口座を持つことです。公開されている株式とは違い、IPO にはどの証券会社からも申し込めるわけではありません。引受証券会社に口座を持っている必要があります。

しかも、引受証券会社の中でも、主幹事の割当株数が圧倒的に多いです。ですから、主幹事の口座を使って申し込めるかどうかで、当選確率は全然違ってくるわけです。

複数の証券会社の口座を持っていれば、その中の一つが引受証券会社である確率が高くなります。運がよければ主幹事が含まれているかもしれません。ですから、IPO の実績があるできるだけ多くの証券会社の口座を持っているのが重要なのです。


  1. 一応確認しておくと、単元というのは、株式の売買の最小単位です。通常は、100株単位ですね。 []

スポンサードリンク

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。