SBI証券を使っている人は住信SBIネット銀行を使うと入出金が楽になる

ネット証券を使っていて不便な事の一つが、入出金です。

例えば、あるていどお金が貯まったので、株や投資信託を買い付けようと思ったとします。でも、お金があって買いたい金融商品があっても、すぐに買い付けができるわけではありません。まずは、銀行にあるお金を証券会社の口座に移して、それでやっと買い付けができるわけですね。

ネット銀行などを使っていれば、それほどたいした手間ではないかもしれません。自宅ですべての指示が出来てしまいますから。しかし、そうでない場合は、わざわざ銀行に行って、振込手続きをする必要があります。銀行が混んでいる場合は、列に並んで待つという作業も加わりますね。

ネット証券では銀行との連携を強化しているところも

こういう不便を解消できるサービスが、一部のネット証券では用意されています。ネット証券と銀行の連携を強化して、利便性を高めているのです。

別のページで紹介したように、楽天証券では楽天銀行との間に、マネーブリッジというサービスがあります。そしてSBI証券には、住信SBIネット銀行との間に、SBIハイブリッド預金というサービスがあります。これをこのページで紹介していきます。

ハイブリッド預金は住信SBIネット銀行の口座をSBI証券の口座のように使えるサービス

SBIハイブリッド預金というのがどういうサービスかというと、住信SBIネット銀行の口座をSBI証券の口座のように使えるサービスです。この書き方だと伝わりづらいと思うので、もう少し具体的に説明しましょう。

例えばあなたは、Aという投資信託を100万円分買おうとしていたとします。しかし、あなたのSBI証券の口座には、残高が無かったとします。

通常はこんな時は、どこか別の口座に入っているお金を証券会社に移して、その後に買い付けをするという流れになりますね。普通に銀行振り込みをする場合だと、買付までに1日とか2日とか余分にかかるようなこともあるわけです。すぐに銀行に行けなかったり、銀行に行っても時間外扱いだったりと、どうしてもタイムラグは発生します。

しかし、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金を使っていれば、そこの残高を使ってA投信の買い付けができるわけです。例えば、住信SBIネット銀行に100万円以上の残高があったら、SBI証券で100万円のA投資信託を買う事が出来ます。入金の手間が省けるのです。

「住信SBIネット銀行の口座をSBI証券の口座のように使える」というのは、こういう意味です。

住信SBIネット銀行が、銀行としても使い勝手が良いので、このサービスは非常に価値があると考えて良いでしょう。お勧めです。

売却するとSBIハイブリッド預金にお金が移される

また、SBI証券で株式や投資信託などを売却した場合、自動的にSBIハイブリッド預金に入金されます。SBIハイブリッド預金は、金利がかなり高めに設定されているので、次の投資までにお金を置いておくには便利なのです。

もっとも、金利が高いとはいっても、このご時世ですから、たいした金利は期待できないですけどね。なにせ、10年物の国債の利率がほとんどゼロという状況ですから。銀行預金の金利を上げるにも限界はあります。

まあ、それでも、個人投資家に少しでも有利になるように設計されているのは事実です。量的緩和が終われば、違いはさらに大きくなるでしょう。

入出金が面倒なら住信SBIネット証券を検討してみれば

一番最初に書いたように、ネット証券を使っていて一番面倒なのが入出金です。それに同意していただけるなら、住信SBIネット銀行とSBI証券というのは、なかなかいい組み合わせだと思います。

住信SBIネット銀行は、振込無料の枠があるなど、ネット銀行としてもすぐれています。これを書いている時点で最新の、オリコンにおけるネット銀行の顧客満足度調査でも第2位ですね。

興味があれば、チェックくらいはしてみてはいかがでしょうか。

証券会社選びに迷ったらSBI証券かGMOクリック証券がおすすめ

証券会社選びに迷ったら、どの証券会社を選べば良いのでしょうか。個人的にはSBI証券かGMOクリック証券をおすすめします。

SBI証券は品揃えも多く、手数料も比較的安い証券会社です。オリコンによる顧客満足度調査でトップの常連でもあります。

GMOクリック証券は手数料が安い証券会社です。また、オリコンの顧客満足度調査でも常に上位にいる会社でもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。