‘FX会社の選び方’ カテゴリーのアーカイブ

じぶん銀行がFX取引の取扱を開始| 手数料競争は相当厳しいけど、FX業者は儲かるのかなあ?

2013年6月11日 火曜日

インターネット専業のじぶん銀行がFXの取扱を始めたようです。FXサービスの提供ってやっぱり儲かるのでしょうね。

2011年にFXの規制がかかった時には、FX市場は縮小するものと考えられていました。個人投資家のFXのレバレッジの倍率を25倍に制限するという規制ですね。

(さらに…)

スワップポイント(スワップ金利)の説明をするのって難しいなあ

2013年3月15日 金曜日

FXの特徴の一つに、スワップポイントというものがあります。スワップ金利とも呼ばれますね。

金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買った場合、、金利差に相当するお金が入ってきます。これをスワップポイントと言います。

(さらに…)

外貨預金なんてするくらいならFXの方がよっぽど有利だよ

2013年3月14日 木曜日

個人的な見解ですが、外貨預金にはなんとなく安全で有利な商品というイメージがあるような気がします。一般的には、かなりイメージが良い商品のように感じますね。

預金という言葉のイメージが良いのでしょうか?メガバンクなども取り扱っているから安心感があるのでしょうか。理由は定かではありませんけど。

(さらに…)

FX会社の手数料競争は限界か?| 少なくとも米ドル/円に関しては行く所まで行ってしまったように感じます

2013年3月14日 木曜日

読売新聞のWeb 版に、スプレッド競争はもう限界なのではないかという記事が掲載されていました。

その記事によると、インヴァスト証券という所では米ドル/円のスプレッドを拡大したのだそうです。スプレッドを拡大したというのは、要するに、手数料を値上げしたわけですね。

(さらに…)

はじめてのFXの取引通貨ペア・ランキング| トルコリラ/円が上位ってどういう事?

2013年3月14日 木曜日

SBI証券では「はじめて取引通貨ランキング」というランキングを発表しています。どんなランキングかというと、SBI証券ではじめてFX取引をした人が、どの通貨ペアで取引を開始したかをランキングにしたものです。

ちょっと興味深かったので、これを書いている時点でのランキングをご紹介しましょう。

(さらに…)

FXのリスクは取引する人しだい| 低リスクな状態で参加することも可能です

2013年3月13日 水曜日

FXというと、リスクが高い取引の代表だというイメージを持っている人もいらっしゃるでしょう。

実際、取引の仕方によっては、かなり高いリスクを取ることが出来ます。目一杯リスクを取っている場合、米ドル/円が1円動くだけで、3割近い運用資金を失うことになります。あるいは逆に、3割近く稼ぐことも出来ます。

(さらに…)

初心者におすすめのFX会社は| 世間の評価はSBI FX トレード

2013年3月6日 水曜日

初心者が取引を始めるのに向いたFX会社は、いったいどこなのでしょうか?

こうした問いに答えるのは、それほど簡単ではありません。というのも、FX会社の数はかなり多いですし、比較のポイントも一つではないからです。

でも、こういうことを考えるのは面倒だし時間がもったいないと感じる人も多いでしょう。そこで、簡単にFX会社を選ぶいい方法をご紹介したいと思います。

(さらに…)

素人にはFXは難しいかもしれない| 理屈で考えるとどう考えても不利なような気がします

2013年3月6日 水曜日

素人がFXの取引をして、勝てる可能性があるのでしょうか。これからFXを始める人が気になる点は、まさしくそこでしょう。

個人的な見解を述べさせていただくなら、素人でも十分に儲けられる可能性があるというのが私の立場です。でもおそらく、儲ける確率よりも、損をする確率の方が大きいでしょう。

(さらに…)

100万円用意しないと低リスクではFX取引できない?| リスクを小さくしようと思うと初期費用が大きくなることがある

2013年3月1日 金曜日

これからFXをはじめようとする人には、低いレバレッジからはじめるべきです。最初のうちは1倍で運用してもいいと思っています。

そもそも、為替の取引とはどんなものかを体感的に知ることは必要です。ツールの操作に習熟する必要もあるでしょう。数週間くらいは安全第一で運用するべきだと思うのです。

(さらに…)

10円FX!| 小さい額(1通貨単位)からお試し的な取引が出来るサービス登場です

2013年2月27日 水曜日
FXをはじめるにはある程度のまとまったお金が必要だと思っている人が多いでしょう。しかし、「SBI FXトレード」という会社を利用すれば、何と10円以下でFXを始めることも可能です。

缶コーヒーを買うよりも手軽です。ちょっと試してみたいという人には、すばらしいサービスではないかと思います。

(さらに…)