スポンサードリンク

外貨建てMMFとは

MMFとMRFのおさらい

MMFは元本割れする確率の低い、公社債投信です。
短期の国内債券に投資することで、元本割れの確率を小さくしています。

MMFは購入時に販売手数料がかかりません。

MRFはMMFと類似の商品です。
大きな違いは、短期間で解約しても信託財産留保額を取られないという点です。
MMFは30日未満の解約に関しては、信託財産留保額を取られます。
信託財産留保額というのは、解約に対する違約金のようなものだと考えていいでしょう。

詳しくは、「MMFとMRFとは 安全性の高い投資信託」をご覧下さい。

外貨建てMMFとは

外貨建てMMFというのは、外貨建てで運用されるMMFです。
米ドルやユーロなどの外貨で運用されます。

日本のMMFよりは、MRFに近い商品です。
というのも、外貨建てのMMFは中途解約に対して手数料がかからないからです。

私たちが外貨建てMMFを買う場合は、日本円を一旦外貨にしてから購入することになります。
そのため、為替手数料がかかります。
ただ、銀行などで外貨を購入するときに比べると、手数料は安いようです。

また、為替の変動があり、為替差益や為替差損が出る可能性があります。
このため、日本のMMFほど安全な商品ではないと認識しておいた方がいいでしょう。

しかし、海外には高い利回りの地域もあります。
そういった地域の高い利回りが期待できるのは外貨建てMMFの魅力の一つと言っていいでしょう。
また一般に、銀行の外貨預金より利回りが高いことが多いようです。
外貨預金を検討するなら、外貨建てMMFを検討した方がいいかもしれません。


スポンサードリンク