スポンサードリンク

MMFとMRFとは

MMFって何?

MMFというのは公社債投信の一つです。
主に国内の短期の債券に投資します。

MMFの特徴は安全な運用をするという点です。
元本保証の商品ではありませんが、元本割れする確率が低い投資信託と言っていいでしょう。

ただ、安全性が高いということは、それだけ期待される収益も小さくなります。
即ち、ローリスク・ローリターンの投資信託です。

ちなみに、MMFは購入する際に販売手数料がかかりません。

MMFに似たMRF

MMFに似た投資信託にMRFがあります。

MMFとMRFは似たような特徴をもつ投資信託ですが、大きく違う点が一点あります。
それは、短期間で解約した場合の違約金の有無の違いです。

MMFは30日未満の解約に関しては、違約金を取られます。
一方のMRFはいつでも自由に解約することができます。

MMFの違約金は、正式な名称を「信託財産留保額」といいます。
MMFはローリスク・ローリターンの商品なので、「信託財産留保額」を取られると元本割れする可能性が高くなります。

MMFを購入する際は、最低一ヶ月は保有する事を覚えておいてください。

銀行の普通預金のように使われるMRF

MRFは上に書いたように、いつでも自由に換金することができます。
そのため、銀行の普通預金に似た商品と考えていいでしょう。

例えば、株式や債券の購入を検討していたとします。
そのとき、証券会社に入金しなければいけません。

多くの場合、この入金したお金でMRFを買うようにすることが出来ます。
というか、拒否しない限り、MRFを自動的に買うことになります。

株式や債券を買うまでの期間、MRFで運用するわけです。

この仕組みは、一旦銀行の普通預金に入れたお金で決済する形に似ているのです。


スポンサードリンク