スポンサードリンク

ネット証券会社で株式るいとう に投資するには

長期的に資産を築く事を目指すなら、積立は有効な方法の一つです。

積み立てというと、銀行の定期積金や生保の養老保険などの元本保証商品が有名です。しかし最近では、投資信託やゴールドなどのリスク資産の積立も可能になっています。

株式るいとうも、そんな積立商品の中の一つです。株式の積立投資が出来る商品です。

長期の資産運用に個別株を使いたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

「株式るいとう」というのは、毎月一定額ずつ株式を購入する仕組みです。例えば、A社の株を毎月1万円ずつ購入することなどが出来るのです。株式の積立だと考えると分かりやすいと思います。

この仕組みには、少額で投資できる・ドルコスト平均法の恩恵があるなどのメリットがあります。

補足

厳密に言うと、理論的にはドルコスト平均法は特別に有利な方法ではありません。それでも元本が少ない個人投資家が資産を増やす上で、積立をする事は理にかなっています。

運用する元手が少ない分、稼ぎの一部を投資にまわすのは、賢い行動でしょう。

「株式るいとう」について、詳しくははこちらをご覧下さい。

小額かつ手軽な方法で株式の積立という手もあるよ

株式の積み立て

株式投資というと、銘柄を選ぶのと、タイミングをはかるのに手間をかけないといけません。これってちょっと面倒ですよね。

特に月々一定額を貯め、それを運用にまわすような場合、いつ買うかはなかなか難しい問題です。通常の売買に加え、数ヶ月に1回位のペースで、貯蓄したお金で購入する銘柄を選ばないといけません。正直、ちょっと面倒ですよね。

株式投資が趣味という人は別にして、可能であれば放っておきたいと考える人のほうが多いはずです。

そんな人に便利なのが、株式の積み立てです。最初に積み立てる銘柄と積立額を決めておくだけで、自動的に資産運用ができます。しかも、カブドットコム証券を選べば、月々500円という小額から積み立てることができるのです。まあ、投資信託の積み立てと同じ感覚ですね。手間はかなり軽減されるでしょう。

ちなみに、株式の積み立てではカブドットコム証券がおすすめです。というか、これ以外はいい選択肢がありません。店舗型の証券会社だと、手数料が高すぎるんですよね。月々の積み立て価格も、1万円からと大きすぎますし。

株式の積立ができるネット証券会社

ただ残念な事に、ネット専業の証券会社で、「株式るいとう」が利用できるところは存在していないようです。ただカブドットコム証券で、「ワンコイン積立」という商品が提供されています。

これは名前から想像できる通り、500円単位で株式や投資信託の積立が出来る商品です。細かいことを言うとるいとうとは少し違うのですが、積み立てという意味では利用価値が高い商品といえるでしょう。

むしろ、るいとうよりも優れている点の方が多いと思います。

投資信託を積み立てて、お金が貯まったら株式を買う方が合理的かも

このサイトでは、投資信託を積み立てる方法として、カブドットコム証券のワンコイン積立をお勧めしています。

ただ、手数料を考えると、投資信託を積み立ててからそれを原資に株式を買う方が賢いかもしれません。それに、投資信託を介する方法の方が、証券会社の選択肢も広がりますからね。

「るいとう」を使ったETF の積立は可能だろうか

長期の資産運世を考えるなら、「るいとう」を使ってETF の積立をしたいと考える人もいるでしょう。このアイディアは非常に合理的なものだと思います。

でも、実際に行おうと思うと、ちょっと問題点がないわけではありません。というのも、手数料が高いんですよね。

「るいとう」を使ってETF の積立をするくらいなら、インデックスファンドの積立をした方が良いかもしれませんね。そして、ある程度の積立ができたところで、投信を一部売ってETF に乗り換えれば良いでしょう。

店舗型の証券会社の「るいとう」は手数料が高く使い勝手が悪い

ネット専業でない証券会社で、「株式るいとう」を提供している証券会社は野村證券・大和証券などいくつかあります。大手の証券会社の提供が多いと言う印象です。

個人的には、これらの証券会社を利用することは、おすすめできません。なぜなら、法外に高い手数料を取られます。

具体的に言うと、これらの証券会社で「株式るいとう」を行うと、口座管理料という手数料をとられます。価格は大体年間3,000円程度ということが多いようです。

この口座管理料は通常の株式の口座管理料とは違います。すなわち、株式用・るいとう用それぞれの口座管理料が必要になるようです。

以前と比べると、多くの銘柄で最低購入金額が大幅に下がっています。高い手数料を払うくらいなら、お金を貯めて普通に買ったほうが余程良い選択でしょう。

一方、カブドットコム証券の場合は、株式にもるいとうにも口座管理料はかかりません。この手数料の差は、かなり大きいと思いますよ。

この他にも、「ワンコイン積立」は制度の柔軟性が高くて便利です。諸々考慮すると、「株式るいとう」を始めたい方は、カブドットコム証券を選ぶのが賢明な気がします。

【るいとう】

るいとう特集:取扱証券会社の比較や仕組みなど
るいとう取扱の証券会社を比較
るいとう取扱の証券会社を比較(比較の詳細)
るいとう取扱の証券会社を比較(まとめ)

スポンサードリンク