‘投信積立’ タグのついている投稿

楽天証券は、ネット証券の中では2番目に位置付けているという印象の証券会社です。ここ何年か、SBI証券の後をしっかり追っているという感じがします。具体的には、株式投資の手数料や投資信託の取扱い本数で、SBI証券を強く意識しているのが感じられるのです。

(さらに…)

「つみたてNISA」という仕組みをご存知でしょうか。名前から分かるように、積立てに特化したNISA です。

この「つみたてNISA」は投資信託の積立をする人には圧倒的に有利な仕組みです。投資信託の積立に興味がある人はチェックしておきましょう。ちなみに、2018年1月にスタートします。

つみたてNISA

金融庁が作った税制優遇の仕組みである「つみたてNISA」の紹介です。

(さらに…)

ネット証券での投資信託の積立では、入金への対応が遅れているところがあります。銀行からの引き落しの対応が、十分でないところがあるのです。

銀行引き落しが出来ないのは、非常に面倒なことです。事前にチェックしておきましょう。ちなみに、これを書いている時点では、SBI証券の対応状況が一番いいように思います。

SBI証券

(さらに…)

投資信託の積立は、私たちのような庶民がゼロから資産運用をするのに非常に便利な商品です。というのも、積み立てるという貯蓄の機能と、投資信託という運用の機能がセットになっているからです。

このページでは、投資信託の積立に関してこのサイト内で書いてきたことを整理してみました。私たちにとって便利な投信積立という商品を使って、資産運用を始めましょう。

積立てていくのが大事です

コツコツ積立てていくと、やがては大きな資産が築けます。

(さらに…)

確定拠出年金の個人型は、とても有利な仕組みです。ある程度の年収がある人なら、年間で数万円から十数万円程度の節税ができる仕組みなのです。利用可能な人はぜひ利用しましょう。

(さらに…)

ネット証券は、基本的に、投資信託の積立に関するサービスが充実しているところが多いです。しかし、対応の仕方は、各社横並びというわけではありません。

そこで、投資信託の積立に関する各社の対応の差を、一覧にして示してみたいと思います。投資信託の積立をしたい人には、どこで積み立てるのが言いかを選ぶときの参考になると思います。

(さらに…)

投資信託というと、ネット証券で取り扱う代表的な商品の一つと考える人も多いでしょう。実際、ネット証券の大手5社は投資信託の取り扱いがあります。

ただ、全てのネット証券で投資信託の取り扱いがあるかというと、そういうことでもありません。また、取り扱っているネット証券でも、あまり力を入れていないところもあります。

(さらに…)

ここに書いた内容は、ちょっと古くなってしまいました。
ネット証券各社のサービス競争の結果、状況が変わっています。

最新の状況を知りたい方は、投資信託の積立をご覧ください。

本来はページの削除をすべきですが、参考になる点もあると思い残す事にしました。
投資信託の積立にふさわしい証券会社の考え方自体は、大きく変わっていません。

最近では、投資信託の積立が可能な証券会社も増えてきました。

投資信託の積立というのは、馴染みが無い人もいらっしゃると思います。
基本的には、定期預金の積立と大体同じイメージでとらえていただけば良いでしょう

定期預金の積立は、毎月一定額定期預金として積立てて生きます。
それと同じように、投資信託の積立では、毎月一定額同じ投資信託を自動的に買っていくのです。

長期の資産形成を考えている人は、積立という方法が便利です。
ぜひ利用していただきたいと思います。

(さらに…)

確定拠出年金の個人型は、私たちにとってとても有利な商品です。いくつか有利な点はあるのですが、最も大きいのが所得税と住民税の節税効果があるという点でしょう。所得税と住民税が安くなります。しかも、生命保険料控除などと比べて、減税額はかなり大きいのです。

ちなみに、個人型の窓口機関としては、SBI証券をお勧めします。手数料が安く、ファンドの本数が多い点が優れています。

(さらに…)